ソーラーフロンティアの保証

ソーラーフロンティアは日本の太陽光発電メーカーの中でもちょっと「エッジがたった」ユニークなメーカーですね。

ソーラーフロンティアの保証

大手の太陽光発電システムのメーカー保証は、みんな保証期間が10年です。これに対して、ソーラーフロンティアのメーカー保証はその倍の20年間有効です。

ただし、20年と言うのはソーラーパネルについての保証です。

公称最大出力の公差範囲内の最小許容値に対して10年あたり10%の出力低下があった場合は、ソーラーパネルを無償で交換または修理してもらえます。

パワーコンディショナー(パワコン)、接続箱などの周辺機器については、保証期間は他社と同じ10年、モニターは2年です。

この保証を受けるためには、設置後1・5・9年の定期点検を受けておく必要があります。それ以外に特別な手入れをする必要はありません。

尚、どこのメーカーでもそうですが、メーカー保証はあくまで上記のような「出力保証」のみです。太陽光発電システムの設置工事の瑕疵による雨漏りなどについては、別途設置業者の補償の有無を確認しておくべきでしょう。

設置業者によっては、日照補償(年に○日以上晴れなかったら所定の補償を行う制度)を提供しているところもありますので、確認しておくと吉かもしれません。

また、台風その他の天災や落下物によるソーラーパネルの損傷などについてもメーカー補償の対象外です。

ソーラーフロンティア太陽光発電の特徴