ソーラーフロンティアの価格

ソーラーフロンティアは日本の太陽光発電メーカーの中でもちょっと「エッジがたった」ユニークなメーカーですね。

ソーラーフロンティアの価格

ソーラーフロンティアの太陽光発電の価格は、国内競合他社に比べて

安いです。1kWあたり30万円台で可能です(2012年秋現在)。

この理由は、ソーラーフロンティアが他社と異なり、ソーラーパネルに

シリコン結晶ではなくCISという新しい化合物を使っているからです。

ソーラーフロンティア(とその親会社の昭和シェル石油)は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発プロジェクトとしてこのCISについて研究・実用化しました。

CISは光の吸収力が強く、薄い材料で作れる上、製造も用意でコストダウンできるんですね。

実際に、太陽光発電システムの一括見積りサイトで見積もってもらえばおわかりになると思いますが、ソーラーフロンティアは国産メーカーの太陽光発電システムでは最安値のレベルにあって、外資系メーカーと価格で競い合っています。

そういうこともあって、コストパフォーマンスに敏感なユーザーはソーラーフロンティアを採用する人が多いですね。

ソーラーフロンティア太陽光発電の特徴