ソーラーフロンティアのパネルは全て国産

ソーラーフロンティアは日本の太陽光発電メーカーの中でもちょっと「エッジがたった」ユニークなメーカーですね。

ソーラーフロンティアのパネルは全て国産

ソーラーフロンティアは、2012年秋現在、宮崎県に3つの工場を稼動させており、ソーラーパネルは全てそこで製造しています。

全て国産ということで、品質面でも安心ですね。ソーラーパネルは車などよりもよほど長く使うもの。しかも高価な買物なんですから、値段や表面上の美辞麗句にまどわされず、日本製を買うことをお勧めします。

3つの工場のうち最も新しい「国富(くにとみ)工場」は、年産900メガワットの生産能力を誇り、単一の太陽電池モジュール製造工場としては世界最大級です。

国富工場では、段ボールを使用しない、はんだに鉛を使用しない、リサイクルしやすい構造の採用など、環境に配慮した製造が行われています。

[国富工場] 住所 〒880-1104 宮崎県東諸県郡国富町田尻1815番地

      電話番号 0985-77-7900

この他、太陽光発電システムの研究開発は厚木にあるリサーチセンターで行われています。

また、宮崎ソーラーパークにはサッカーコート1面、テニスコート4面があって、一般に開放されています。よっ、太っ腹!

ソーラーフロンティア太陽光発電の特徴