ソーラーフロンティアのシュミレーション

ソーラーフロンティアは日本の太陽光発電メーカーの中でもちょっと「エッジがたった」ユニークなメーカーですね。

ソーラーフロンティアのシュミレーション

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムのシュミレーションは

こちらで行うことが可能です。

 -> http://www.smart-house.bz/shindan/solarfrontier_index.html

これがまた凄くて、住所を入力すると、あなたのお家の航空写真が表示されますので、

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムを設置する屋根の面、その傾斜などを指定し、さらに現在の電気代などを入力すれば1ヶ月あたりの発電量や電気代、さらに導入費用や補助金額などまでわかるようになっています。

ただ、我家は南向きの屋根がなく、左右の屋根に設置するという形になるのですが、ソーラーフロンティアのシュミレーションシステムでは屋根の一面しか指定できないので、両方の合計を知りたければ、2階このシステムで見積りをとって手計算で合算しないといけないのがちょっと残念です。

とりあえず、私も西向きの屋根一面だけで算出してみましたが(所在地は東京です)、160Wソーラーモジュールを20 枚 ( 3.2 kW分)設置可能で、現在月1万円の電気代が7000円ほどになるほか、昼間は売電も可能で、結局月7500円ほど得をするという結果になりました。屋根両面だともっとお得度は上がるハズです。これを導入費用(の要返済金額)と見比べながら導入するか判断すればよいわけですね。

尚、このシステムでは導入費用はkWあたり547,000円で計算されていますが、実際にはもっと安く済むと思います(実勢価格では15万円ほど下がると思われる)。

ソーラーフロンティア太陽光発電の特徴